他製品との比較

従来の専用ハード型POSシステムと「Orange POS」、一般的な他社様タブレットPOSの違いをまとめました。

Orange POS従来のPOSシステム 一般的なタブレット型POSレジ
導入コスト
店舗規模、運用形態にあわせてソフト・ハードの導入組合せを柔軟に選択できるため、最小限の導入コストで運用スタート。
導入コスト
ソフト・ハードともに手間・コストが大きく、新規導入、追加出店時の増築の際にも高額費用が発生してしまう。
導入コスト

ASP型のように導入コストが不要/安価。導入もAppStoreから端末にインストールするだけなど、手間もかからないものが多い。

機能
会計機能、在庫・顧客情報閲覧、プロモーション機能の他、販売分析などの機能も充実。
機能
発注業務・勤怠管理など店舗運営の周辺業務を包括する機能が備わっている一方、不要な機能が煩雑というケースも。
機能
会計、分析機能は備わっているが、分析できる内容が限定されている。
操作性
タブレットでの直感的な操作が可能。店舗ごとの独自の業務フローに合わせた設定も可能。
操作性
各社製品で共通する部分もありスタッフが操作に慣れているが、システムに合わせた運用も一部必要に。
操作性
タブレットでの直感的な操作が可能な反面、商品登録などバックオフィス業務の操作性が低い。

タブレットPOSシステムに乗り換えるメリット

簡易なPOSターミナルとしてタブレットが注目を集めています。

特に、店頭に置く端末にもファッション性を重視するアパレルや宝飾・アクセサリー、ヘアーサロン、飲食業などの分野で、ニーズが高まっています。また、POSメーカー各社が提供するPOSターミナルの過度なスペック競争の結果、値段が高騰し、POS機能を必要としながらも導入に踏み切れない中小規模のユーザー層が多く、こうしたニーズの受け皿としてもタブレットPOSが注目されています。需要の9割以上がリプレースで構成されると言われるPOS市場。レガシーPOSからタブレットPOSに乗り換えるメリットについてご紹介します。

乗り換えるメリットについて詳しく見る

お問い合わせ 資料請求
30日間無料トライアル

ただいま、Orange POSを30日間無料でお試しいただけます。

30日間無料トライアル
bottom_line
top_line