リリース/新着情報

Press release2015.09.15

タブレットPOSレジ「Orange POS」
スマホ決済サービス「楽天スマートペイ」との連携を開始
~ 「Visa」「MasterCard」「JCB」「American Express」「Diners Club」「Discover」に対応 ~
事業規模や業種を問わず、決済手数料を一律3.24%で提供

PDF版はこちらをご覧ください。

報道関係者各位

2015年9月15日
株式会社エスキュービズム・テクノロジー

 EC/小売業向け開発・ソリューション提供の株式会社エスキュービズム・テクノロジー(本社:東京都港区 代表取締役社長 武下真典 以下、Sテック)は、Sテックが提供するタブレットPOSシステム「Orange POS」において、楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)のスマホ決済サービス「楽天スマートペイ」との連携を開始しました。


「楽天スマートペイ」決済使用時写真



連携によるメリット

 今回の連携により、「Orange POS」をご利用の店舗は、Orange POSでのクレジット会計金額が「楽天スマートペイ」のアプリへ自動表示されるようになります。クレジット金額の都度の入力が不要になり、運用負担の軽減、金額の誤入力を防止を実現します。 この「楽天スマートペイ」との連携は、「Orange POS」のスマートデバイス決済の中でも重要な位置づけとなっており、「キャッシュレス決済」を実現することで、商取引のさらなる活性化や、新たなビジネスの創出を促進します。 店舗における キャッシュレス決済は、小売業界でも重要になってきております。経済産業省からも、オリンピック等に向けキャッシュレス決済を推進していくと発表(*)があり、今後さらに需要の増える機能と予想されております。



※参考リンク 「キャッシュレス化に向けた方策についてとりまとめました~オリンピック・パラリンピック東京大会等に向けて、キャッシュレス決済を推進します~」(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/press/2014/12/20141226003/20141226003.html



各製品・サービスの特徴

1.「EC-Orange POS」 特長
Sテックが提供する「Orange POS」は、iPad®やWindows® 8タブレットなどのスマートデバイスで、POSレジ業務を行うことのできるPOSシステムで、 飲食店や小売店・チェーン店を中心に日本全国4,500店舗以上(*1)のお客様にご利用いただき、市場シェアNo.1も獲得しました。(*2)
飲食店でのオーダーや、小売店でのレジ・会計はもちろん、接客対応、在庫管理のほか、ECサイトと店舗間で在庫・売上情報を連携することでO2O・オムニチャネル戦略にも活用できます。



2.「楽天スマートペイ」特長
http://smartpay.rakuten.co.jp/
・月額・維持費用無料
・クレジットカード主要国際6ブランドに対応
※対応ブランド:「Visa」「MasterCard」「JCB」「American Express」「Diners Club」「Discover」
・事業規模や業種を問わず、6ブランド全ての決済手数料が一律3.24%で利用可能
・365日翌日自動入金(楽天銀行の口座を指定した場合)
※楽天銀行以外の口座でも入金指示毎に翌営業日に入金が可能
・ICチップ&暗証番号(チップ&PIN)に対応したカードリーダー
・楽天スマートペイに関わる決済システムは情報保護の国際基準「PCI DSS」準拠認定取得



【お問い合わせ】
株式会社 エスキュービズム・テクノロジー
TEL / 03-6430-6730(代表)
FAX / 03-6430-6731
メール support@ec-orange.jp

新着情報・リリース一覧へ戻る

お問い合わせ 資料請求
30日間無料トライアル

ただいま、EC-Orange POSを30日間無料でお試しいただけます。

30日間無料トライアル

お問い合わせ/資料請求/デモ依頼(無料)申込みから回答までの流れ

資料ダウンロード
資料ダウンロード
資料ダウンロード
bottom_line
top_line