札幌ドミニカ 銀座店 様 POS導入インタビュー

現在2562店舗に導入!(導入予定店舗を含む)
店内写真

東京銀座で行列ができるスープカリー専門店がOrange POSで切り開いた、新しい店舗運営のカタチ

レガシーPOSの保守メンテナンス費用をコストダウンしつつ、多くのお客様の会計を素早く回していくPOSレジシステムの導入が一番の目的でした。

札幌ドミニカ 銀座店
立花 様

スープカリー、飲食店
東京都中央区京橋3-4-1TM銀座ビル2F

今や、北海道の名物料理の一つに位置づけられるスープカリー。
一般的なカレーと違い、さらさらとしたスープ状のカレーにご飯を浸して食べるスタイルが特徴で、コクとキレのあるベーススープと、味と香りがストレートに伝わるスパイスとの組み合わせが、新しいおいしさを生み出します。
また、ごろごろした大きな具材が特徴で、彩りの楽しさと素材そのもののおいしさが味わえます。
今回は今や全国的にポピュラーとなってきているこのスープカリーの専門店で、銀座で行列ができるお店として名高い札幌ドミニカ様に、Orange POSをどのようにご活用いただいているのかを伺いました。

スープカリー専門店 札幌ドミニカ様の事業内容や特徴について教えてください。

東京銀座で行列ができるスープカリー専門店。10段階で選べる辛さとトッピングがアクセント

いまや北海道の名物料理のひとつとなったスープカリーですが、その発祥の地にして激戦区・札幌市内では現在も100を超える専門店があると言われています。DOMINICAは2004年に札幌中央区でOPENし、大変ありがたいことに、現在でも多くのお客様からご愛顧をいただけているスープカリー専門店です。わたしたち札幌DOMINICAはそんなDOMINICAからのれん分けを受け、2006年9月に東京・京橋で誕生しました。以来、京橋、そしてここ銀座や、有楽町はもとより大勢のお客様に愛されて営業してまいりました。
お店の一番の特徴としては、とにかくランチタイムには多くのお客様にお越しいただき、素早い接客で、おもてなしをさせていただいているという点です。今後はどんどん店舗を拡大して、より多くのお客様に、スープカリーの輪を広げていけたらなと思っております。
ぜひご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

Orange Tabletシリーズご導入の経緯について教えてください。

より多くの会計を無駄なくこなすシステムが欲しいという観点で導入検討

Orange POSを導入する前はレガシーのPOSシステムを利用していたのですが、問題点は正直そこまでありませんでした。唯一あるとすれば、手狭な店舗に対してとても大きいスペースを割かなければいけないという点でした。しかし、従来のレガシーPOSのリース終了に伴い、そのまま継続するのか、あるいは新しくPOSシステムを導入することにするのかの選択を迫られ、その際に次の3点について改善できないかということがお店で議論になりました。まず1点目は、お昼時などは特にそうなのですが、お店の業態が多くのお客様をより早く回し、そしてより多くご来店いただくといったものですので、素早い会計を実現するシステムに切り替えることができないかといった点でした。


2点目は、同じく多くのお客様をより早く回し、そしてより多くご来店いただくために、素早い会計を実現することに加えて、オーダーをとって厨房に伝えるまでの時間も短縮してできないかといった点です。そして最後3点目は、これら2点を実現しつつ、コストも大幅にカットできるようなシステムという点です。
この3点を実現できるシステムをという事で、そこから調査に入り、当初iPhoneを利用したシステムの利用が最も手軽でいいのではという事で、実際にシステムベンダーに来ていただき、デモなどを見せていただきました。しかし、こうした飲食店のような場所で利用するにはあまりにもシステムとしても、端末の堅牢性や耐久性についても弱いといわざるを得ず、さらにはそのシステムはあくまでOESとしての機能のみで、POSとしての機能が連動しておらず、情報の統合ができないものでした。こうした観点から、導入を見送る形になりました。とはいえ、従来のレガシーPOSシステムを選ぶとなりますと、保守メンテナンス費用がとても高額で、大幅な費用が掛かってしまうことが避けられません。
こうした中、これらの様々な問題点を解決してくれるシステムとして挙がったのが、タブレットPOSシステムのOrange POSでした。

Orange Tabletシリーズご導入後の状況を教えてください。

将来の為にも、こうした新たなシステムを導入して、運用するというのはよかったと思っています。

Orange POSであれば、コストは従来のレガシーPOSの3分の1になりますし、耐久性・堅牢性もiPadなどのタブレットを用いて行うため、保護するための付属品も数多く用意があり、とても役に立っています。従来型のレガシーPOSでもよかったのですが、将来の為にも、こうした新たなシステムを導入して、運用するというのはよかったと思っています。
また、パソコン上から時間ごとに売り上げの状況が見られるようになりましたので、そういった点でもとても便利になりました。

Orange POS導入後の活用法や、貴社の今後の展望についてお聞かせください。

今後は売り上げにつながるABC分析や客層、滞在時間などの数値分析もしていければと思っています。

現状は店員の固定観念で、今日は忙しかったといったような感覚で売り上げを図っている状況です。今後はそうした現状から脱却して、できる限りABC分析や客層、滞在時間などの数値分析もしていければと思っています。また今後はより効率的に、よりお客様に喜んでいただけるサービスを、タブレットPOSシステムのOrange POSを利用して実現していければと思っています。

あなたのお店にぴったりのサービスをご提案いたします

  • 資料請求
  • お問い合わせ
企業名
店舗情報

東京都中央区京橋3-4-1TM銀座ビル2F


http://www.s-curry-dominica.com/
導入内容
業種・業態
Orange POS導入, 飲食店

Orange POSをご導入いただきました。

将来の為にも、こうした新たなシステムを導入して、運用するというのはよかったと思っています。

東京銀座で行列ができるスープカリー専門店。

前の記事を読む:
次の記事を読む:
問い合わせ 資料請求
30日間無料トライアル ただいま、Orange POSを30日間無料でお試しいただけます。
お電話でのお問い合わせ 0120-81-4086

ただいま、Orange POSを30日間無料でお試しいただけます。

30日間無料トライアル

Orange Tablet製品について

Orange PosOrange HandyをはじめとするOrange Tablet製品は飲食店や小売店をはじめとする店舗様にご愛用頂いてるクラウド型のPOSレジシステムです。
従来のターミナル型のPOSレジシステムと比較すると、「コスト削減ができる」「分析機能が豊富で店舗運営に役立てることができる」などのメリットが多くあります。(詳しくは「知らないと損する!タブレットPOSシステムに乗り換えるべき8つのメリット」参照)

また、飲食店向け予約システム(Orange Handyと連動)のOrange Reserve
専用機器や台帳が不要で、タブレットのみで在庫管理が可能(Orange Posと連動)なOrange Stock
レジ横でのプロモーション、PR活動が可能なOrange Signage。の全5種を取り揃えています。

但し、導入にむけてあらかじめ確認が必要な点もいくつかあります。
そちらの確認については「クラウド型POSを導入するにあたり、事前に確認しておくべき3つのポイント」をご覧ください。
Orange Tablet製品は単なるPOSレジシステムとしての機能だけでなく、きちんと機能を理解し、使用することにとって、店舗の売上拡大、業務効率改善などに全面的に効果を発揮します。
導入に向けてのお見積り、ご相談などは一切無料ですので、少しでもOrange Tablet製品に興味があれば資料請求お問い合わせ頂ければと思います。

電子棚札、サイネージの
フォーバル IoT ディビジョン

bottom_line