株式会社メークメリーカンパニー 様 POS導入インタビュー

現在2562店舗に導入!(導入予定店舗を含む)
店内写真

薄い、軽い、手軽、それに尽きると思います。

アルバイトスタッフが、操作しやすい見た目。チケット売り場が狭いので無駄なスペースが必要ないタブレットは嬉しいですね。

株式会社メークメリーカンパニー | hide MUSEUM 2013 DiverCity Tokyo Plaza~To The Future~
ディレクター 佐藤 亘 様

EC-Orange POS 催事、イベント 催事/イベント、チケット販売
東京都港区南青山3丁目7番21号

2013年6月29日から7月28日まで開催されている『hide MUSEUM 2013 DiverCity Tokyo Plaza~To The Future~』にて、EC-Orange POSをレンタルサービスでご導入いただきました。導入の経緯やPOSレジの操作性について、株式会社メークメリーカンパニー ディレクター 佐藤 亘様にお話しを伺いました。

株式会社メークメリーカンパニー、hide MUSEUM 2013 DiverCity Tokyo Plaza~To The Future~ の特長、出展の経緯などをご紹介ください。

株式会社メークメリーカンパニーは広告制作会社です。セールスプロモーション、事業企画を主に行っています。今回、「hide MUSEUM 2013」のお話を頂き、初期段階から宣伝やPRといった全ての企画、運営等を行っております。「hide MUSEUM 2013」は、hideソロ活動20周年を記念して、開催が決定いたしまして、ライブ衣装やギターなど貴重な品々の展示や、物販も行っています。ご来場いただくお客様は、30代後半~40代前半が多く、当時のファンが子供を連れて訪れたり、家族連れも多いです。歌やライブが好きな方やhideのカリスマ性に惹かれている若い世代のお客様もいらっしゃいます。

EC-Orange POS導入を検討したきっかけは何でしたか?

イベントのチケット販売は、前売り券の場合コンビニで販売しているのですが、当日券は管轄外となるため、POSやお金の管理は私たちが対応しなくてはならなりません。しかし、今回のチケットは種類が当日券で2種類のみでした。たった2種類しかないチケットなのに、わざわざ大げさなPOSレジを導入しようとは思いませんでした。それに、hide MUSEUM 2013のセカンドタイトルは「To The Future」、未来に向かってという意味です。今更ボタンをガチャガチャ押して対応する古いシステムは会場の雰囲気に合いませんよね。既存のPOSシステムの値段を調べて見たら2万程度の安価な価格で購入できるものもあるのですが、次は何に使うのか想像できませんでした。


iPadならPOSレジ以外の用途でも使用できる。

偶然、会議の中でiPadでPOSレジ機能が扱えるという話題が上がり、iPadなら連絡や報告事項、日報も送れるという、POS以外での利用用途を考えることができます。スタッフへの連絡メールで、ゲストに誰が訪れるという連絡も手軽に可能になります。見た目がシンプルということもありましたので、インターネット上で「iPad POS」というようなキーワードで、タブレット型のPOSレジへの検討を始めました。

EC-Orange POS導入の決め手を教えてください。

何件か連絡したのですが、売り切り型でシステムを買い取らなくてはいけないものや、どれくらいの金額なのか教えて下さい。と伺ったらそれっきりというものもありました。納期は短かったのですが、EC-Orange POSはすぐに返答を返してくれました。


売上げをリアルタイムで管理できることの他、商品一覧はアイコンでも見れるので商品数が多くても分かりやすいと思いました。もし間違えても自分で今、間違えたとすぐ気づけるところがいいですね。iPadならごく手軽に扱えますし、新人やアルバイトスタッフでも、スムーズに操作できると思いましたので導入に至りました。

EC-Orange POSを実際に扱って、操作性はいかがですか?

レジを初めて扱うアルバイトスタッフでも、難しい操作が必要ない

薄い、軽い、手軽、それに尽きると思います。レジを初めて扱うアルバイトスタッフでも、難しい操作が必要なくすぐに使いこなすことができています。スタッフのシフトを組んで慣れれば直ぐに対応できるのでしょうが、見やすい方が断然良いでしょう。本来キャッシュドロアの上には、大きなPOSレジが置かれるのですが、タブレットにしたことで場所が広く使えるようになったので、キャッシュドロアの上がすっきりとしています。


当初、運用期間中に途中で止まってしまったら…と思っていたのですが、問題は起きておらず、スムーズな接客が可能となっています。お客さんが並んでいても普通に冷静に対処できていますね。POSレジの操作よりも、チケットを切って発行日のはんこを押す作業に一番時間がかかっているので操作性での心配は全くありません。


連動できるし、薄くて持ち運びしやすいところがいいですよね。会議での報告は、リアルタイムでPCでもタブレットでもその場で見れる手軽さが便利です。

今後の展望をお聞かせください。

大阪のアミューズメント内でもイベントが決定しているのですが、そこでもPOSレジが必要となってくると思います。イベントや催事の場合、POSレジがきちんと扱えるように整備されていない会場もあります。だからこそ、タブレット型のPOSは持ち運びしやすく、きちんとデータを取ることができていますし、見た目もシンプルで画期的な会計場所という意味ではとても良いものです。アミューズメントや人が多く集まる場所では、通信の混線が不安要素ではありましたが、当初周りのスマートフォン通信が混戦していて会計データが流れないということがあっても、レジに溜まった情報だったものが自然に流れるので不自由を感じることはありませんでした。


今後は物販とも連動させることで、イベント全体の売上げが一目で分かるように、一日の売上や商品別での集計も簡単にできるっようになればと考えています。そうすれば、ミュージアムにご来場いただいたお客様と物販で商品買ったお客様がどれくらいの割合なのか、またミュージアムと物販合わせての合計もタブレットから手軽に見えると思います。

企業名 株式会社メークメリーカンパニー
店舗情報

hide MUSEUM 2013 DiverCity Tokyo Plaza~To The Future~ (期間限定、ダイバーシティ東京プラザ フェスティバル広場)


http://www.makemerry.co.jp/
導入内容
業種・業態
EC-OrangePOSスタンダード導入, 催事/イベント

EC-Oarnge POSは、当日券チケット販売としての利用。

hide MUSEUM 2013 DiverCity Tokyo Plaza~To The Future~では、ライブ衣装やギターなど貴重な品々を多数展示。物販も行っている。

来場者は、30代後半~40代前半が中心、子供を連れて訪れたり、家族連れも多い。音楽好きの若者も訪れる

レジを初めて扱うアルバイトスタッフも難しい操作が必要ないので、すぐに使いこなせる。

前の記事を読む:
次の記事を読む:
問い合わせ 資料請求
30日間無料トライアル

ただいま、Orange POSを30日間無料でお試しいただけます。

30日間無料トライアル
bottom_line