有限会社ウッドベリーズ 様 POS導入インタビュー

現在2562店舗に導入!(導入予定店舗を含む)
店内写真

顧客情報をデータで管理できることが決め手でした。

これまでは、常連のお客様の情報のみを管理してきたので、今後はお客様の情報を幅広く管理していきたいと思っています。

有限会社ウッドベリーズ | ウッドベリーズ マルシェ
代表取締役 田川 素彦 様

EC-Orange POS 飲食店 飲食店
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-4-1

有限会社 ウッドベリーズは、「ウッドベリーズ マルシェ」を吉祥寺にオープンさせました。
「ウッドベリーズ マルシェ」は、生フローズンヨーグルト専門店です。「ウッドベリーズ マルシェ」の他に、吉祥寺、鎌倉に各1店舗ずつ展開しています。
今回、EC-Orange POSをご導入いただいた経緯や今後の展開について、代表取締役 田川 素彦様にお話を伺いました。

「ウッドベリーズ マルシェ」の事業内容や特徴をご紹介ください。

「ウッドベリーズ マルシェ」は生フローズンヨーグルトの専門店です。”心の緑に水を”というコンセプトのもと、皆様の心の中にある緑の木々に水が染みわたり、生き生きとよみがえっていくような、そんな気持ちになっていただける生フローズンヨーグルト作りを行っています。ウッドベリーズでは、フローズンヨーグルトにあえて『生』と付けています。加熱殺菌をしていない『乳酸菌の生きたヨーグルト』、缶詰やジャムなどの加工品ではない『新鮮な果物』、乳製品、砂糖、はちみつといった無添加・無着色の『自然素材』だけを原材料にしている私たちのこだわりがあります。生フローズンヨーグルト専門店として、めいっぱい輝くヨーグルトを皆様にご提供いたします。

POSシステム導入を検討したきっかけは何ですか。

インターネットでの検索をきっかけに、レガシーPOS、タブレットPOSを問わずPOSシステムの検討を始めました。検討の基準として、メニュー別に集計をとりたいという考えがありました。鎌倉の店舗で、メニュー別に集計をとることができるシステムを導入しているのですが、操作性に不満を感じていました。「ウッドベリーズ マルシェ」は季節ごとにメニューを変更するので、登録し直すのに時間がかかってしまいます。それと合わせて、お客様が多い吉祥寺の店舗ではその分業務も増えるため、メニュー変更作業に多くの時間をかけるのは難しいです。


タブレットの汎用性に期待を持ちました。

また、レジという枠にとらわれない使い方ができるタブレットの汎用性に期待を持ちました。何か変化を起こせる無限の可能性を感じました。

EC-Orange POSを導入した決め手を教えてください。

顧客管理の機能によって顧客情報をデータで管理できることが決め手でした。

他社のタブレットPOSと比べて、機能面が非常に良いと感じました。「ウッドベリーズ マルシェ」の商品の特徴として、1つのアイスに対して2種類のフルーツがセットになっている『ダブル』というメニューがあります。EC-Orange POSのカテゴリ設定を使うことで、『ダブル』のメニュー運用が現実的となりました。また、顧客管理の機能によって顧客情報をデータで管理できることも決め手のひとつです。これまでは、常連のお客様の情報のみを管理してきたので、今後はお客様の情報を幅広く管理していきたいと思っています。

EC-Orange POSの導入後の活用法について教えてください。

iPadの汎用性を活かして、事前にメールでご注文を受け付け、それをお客様に提供するサービスを取り入れてみたいと思っています。それと合わせて、メニューのPDFファイルを端末内に保存し、お客様に対してフルーツの生産者・農家についてや、アレルギー項目などのご説明をしていきたいと思っています。また、現在アルバイトの教育は紙のマニュアルを配っておこなっているので、教育面でもiPadを利用して電子化していけたらと考えています。

企業名 有限会社ウッドベリーズ
店舗情報
http://woodberrys.co.jp/index.html
導入内容
業種・業態
EC-OrangePOSスタンダード導入, 飲食店

お客様から見えるのはプリンターとEC-Orange POSのみ、スッキリとしたレジ周り。

タブレットスタンドを使うことで片手がふさがらずスムーズに会計できる。

フルーツなど商品に使われる材料が見える店内。

2種類のフルーツを使う『ダブル』を、カテゴリ設定を使って運用していく。

問い合わせ 資料請求
30日間無料トライアル

ただいま、Orange POSを30日間無料でお試しいただけます。

30日間無料トライアル
bottom_line