今さら聞けない「POSレジとは何?」ちゃんと答えられる自信、ありますか?~posの最新動向や未来まで~

eyecatch

レジとPOSレジの違い

レジは「キャッシュレジスター」の略です。アメリカで開発され、日本語では「金銭登録機」と翻訳されました。今では日本でも「レジ」と呼称することが多いですね。
店舗で商品やサービスの金額を計算、記録し、不正を防ぐために生まれたレジスターは、機械からやがてPCへ、さらにクラウド連携したタブレット型へと進化してきました。

では、POSレジシステムとはどのようなものでしょうか。
POSは「Point Of Sales」という英語の頭文字を取ったものです。日本語では「販売時点情報管理」と訳されています。POSレジとは、お客様と金銭のやりとりをした時点での販売情報を管理するシステムを搭載したレジなのです。
ネットワークに繋がったレジから、販売情報が集約され、蓄積・分析されることで、お店や企業の売上改善を図るものなのです。
もともとは本部機能を持った小売チェーンや飲食チェーンが導入することが多いPOSレジでしたが、近年では小規模店舗でもデータ解析を行い、店舗運営の改善などを行うようになってきました。

regi_staff

POSレジのメリット

キャッシュレジスターにないPOSレジのメリットは、「いつ、何が、何個、いくらで」売れたかというデータが正確に分かるということです。さらに「顧客の性別」「年代」「来店人数」など、様々な要素を組み合わせれば、より詳細な販売データを作成することができます。
在庫や発注などのバック管理に欠かせないデータが蓄積・分析でき、客層や天候、時候での売れ行きの変動も予測することができるようになります。

従来のレジでは金額や部門を手打ちして、間違いが多かったり、時間がかかったりしていました。多数の商品登録がされているデータベースを用意し、バーコードスキャナーと連携させることで、打ち込みの時間を短縮することもできるようになりました。
また、打ち間違いが減るということは経理・会計担当者の人的コスト削減もメリットになります。
多方面で無駄を省いた店舗運営、企業経営ができるようになるのです。

このように、レジとPOSレジは同じようなものに見えますが、その用途としては違うものといえます。
レジというカテゴリの中にPOSレジが含まれており、しかし従来のレジの範疇からははみだしているわけです。

POSレジの最新動向

昔のキャッシュレジスターというと、大きい、重い、打ちにくい、などのデメリットがありました。
しかし、最近では機器の小型化やデータベースのクラウド化によって、レジカウンターでも変革が起こっています。
タブレット型のPOSレジは、汎用型のタブレットにアプリをインストールするだけで「ネットに繋がるレジスター」にすることができます。
カメラで「視認」した商品を、そのまま計上するなどの技術も生まれています。
来店客が自分でバーコードを読み込んで支払いまでするセルフレジは「レジ待ちの行列を解消」「レジスタッフのコスト削減」に繋がりました。

決済面でも、クレジットカードはもとより、交通系ICカード、電子マネーなど、決済方法も多様化し、現金でなくても支払いができるようになりました。財布すら持ち歩かず、スマホアプリでの決済も可能になっています。
モバイル決済は「オムニチャネル」でも効果を発揮しています。ECと実店舗のデータ連携によって、新たな顧客体験と価値を創造するようになっているのです。

sub12

まとめ

今後、POSレジはどのような未来へ向かっていくのでしょうか。
セルフレジが進化して、もっと使いやすくなれば、レジを打つスタッフはそれほどいなくてもよくなるでしょう。
センサーやカメラで商品タグを読み込み、一瞬で会計を済ませてスマホで決済すれば、「レジカウンター」も不要になるかもしれません。

商品を消費者が購入するという行為、販売情報を管理する概念は変わりませんが、会計・決済の方法や手段はこれからもどんどん変化を続けていくでしょう。

冒頭でも紹介した「OrangePOS」の資料請求、見積もり、ご相談は無料なのでお気軽にお問い合わせください。