クラウドPOSと電子棚札の連携で、タイムリーな価格変更店舗を実現!

近年、クラウドPOSを導入する店舗が増えています。

クラウドPOS」とは、従来の会計機能だけでなく、販売情報の収集機能や情報の分析機能などを備えたレジスタのこと。データの集計・管理・分析をリアルタイムで行えるため、小売業やサービス業などの店舗運営に活用されています。

さらに、最近世の中のトレンドでもあるIoT(Internet of Things)製品である、電子棚札と連携すれば、クラウドPOSの長所を最大限に引き出すことが可能です。

今回は、クラウドPOSと電子棚札を連携するメリット、活用方法をご紹介します。

クラウドPOSと電子棚札を連携させるメリット

「電子棚札」とは、E-papar(液晶画面)にデータを表示できる小型ディスプレイのことです。電子棚札には赤外線の受光部が組み込まれており、赤外線で発信されたデータをE-paparに表示することができます。

この電子棚札に、クラウドPOSに入っている商品データを連携させることによって、店頭の商品価格を一括で変更できるようになります。(詳しくは次の段落で事例でご紹介いたします)

紙の値札を使用している場合、商品数が多ければ多いほど、価格変更時の入れ替え作業に多大な時間と労力がかかります。さらに、手作業で行っているがゆえに、設置ミスが発生しやすく、売り場での表示価格とレジの実売価格に差異が生じることも…。

「商品価格を簡単に変更できる」「値札の差し替え作業を省いて効率化を図れる」「表示価格と実売価格が異なるというミスを抑えられる」ことが、クラウドPOSと電子棚札の連携で得られる、大きなメリットと言えるでしょう。

クラウドPOSと連携させた電子棚札の活用方法

<営業時間内の値下げも一括変更で効率化>

食品を販売しているスーパーなどでは、「商品の賞味期限が近い」といった理由から、営業時間内に値下げをすることがあります。(半額シールが貼られたりするのをよく見ますね)その場合、クラウドPOSと電子棚札を連携しておけば、商品一つひとつに値引きシールを貼らなくても、遠隔で価格を変更できます。

<限定タイムセールなどのキャンペーンで集客>

「客足が遠のいているから効果的に呼び込みたい」「売れ行きが悪い商品を推したい」というときには、電子棚札を販促ツールとして活用することが可能です。 “いつでも自由に商品価格を変更できる”というメリットを活かせば、「1時間限定のタイムセール」などの集客を狙ったキャンペーンを容易かつタイムリーに実施できます。

<ミスを低減しつつ、日ごとに商品価格を変更可能>

「日替わりの限定値下げサービス」「雨の日にご来店いただいたお客様への割引サービス」など、棚札を更新する頻度が高い場合でも、店頭の表示価格はクラウドPOSの実売価格に連動しているため、多くの従業員の手を煩わせることはありません。また、価格の表示ミスをゼロに近づけることが可能です。

まとめ

クラウドPOSと電子棚札を連携させると、今まで人力で行っていた価格変更に伴う一連の作業を一括管理できるため、余計なコストの削減や従業員の負担軽減が図れます。

さらに重要なポイントは、そのときの店頭の状況やシーンに合わせてお客様に最適なアプローチができるようになることです。連携システムをうまく活用すれば、販促効果を高めることができ、売上アップにもつながるでしょう。

株式会社フォーバルでは、電子棚札との連携に適したクラウドPOS「OrangePOS」を提供しております。実際の製品をご覧いただけるショールームもございますので、興味のある方はぜひ一度お問い合わせください。